高野山 ちょっぴり日記①

更新日:2010/08/17

沙羅さんのお師匠様 松代先生と
沙羅さんのお伴をさせていただきながら
8月13日の
『高野山万燈供養会ろうそくまつり』
にあわせ、
ご先祖のご供養、
昨年 他界した祖母のご供養に
高野山へ参拝することができました

極楽橋からは
ケーブルカーに乗って
高野山駅を
目指します

IMG_0021_convert_20100817101829

写真では、分かりにくいですが
山の傾斜は とてもきつく

ケーブルカーの車体は
急こう配を
上り下りするために
階段状の車体になっていました
もちろん、
車内も階段状
←こんな形の車体

人出が多く、
ケーブルカー車体の
写真撮影はできず…

●普賢院にて

松代先生がお泊りのお部屋では
松代先生の先生でらっしゃる、
森寛紹猊下の書を拝見できました。

『日々是好日』

IMG_0023_convert_20100817105030

松代先生が
「御前様(ごぜんさま)の書だねぇ」
と、おっしゃったところ、
「はいっ、70代の
現役バリバリでらっしゃる頃
お書きになったものです」
とのお返事が!!

●楽しい夕食

IMG_0025_convert_20100817105727

精進料理をいただきました

(座布団上、左側のろうそくは
ろうそくまつりにて、
ご供養に捧げるろうそく)

お腹がきつくなったころ、
「漬物、嫌い?」
の質問と共に、
漬物は沙羅さんの胃袋へ。

危険な視線に
さらされる私でありましたが

松代先生から
「(今、お腹一杯で食べられないなら)
おはぎはお部屋に
持って行きなさいよ(笑顔)」
と あたたかいお言葉をいただいた
夕食でのヒトコマ。。。

●ろうそくまつり

IMG_0032_convert_20100817110214

奥の院までの、
およそ2Kmという、長い参道両端に
ろうそくが1本1本、
参拝者の手によってお供えされます

IMG_0030_convert_20100817123402

ろうそくを供える沙羅さん

ろうそくまつりでは、
後日談を含め
私にとって
忘れられない出来事が
ありました。
ご参考(?)に
のちほど
詳述したいと思います。。。

●写真あれこれ

IMG_0043_convert_20100817124015

IMG_0044_convert_20100817124328

IMG_0046_convert_20100817124515