あの世と この世のあいだ

更新日:2009/05/27

昔、私が見た夢に、
後日談(By沙羅さん)を含め、
なんとも不思議なものがありました。

水のなかに 建てられた建物、
ちょうど 広島 厳島神社のような造りになった建物で
その渡り廊下に、
私はひとり 立っています。

壁がないため、
その渡り廊下を進んだ奥の部屋に、
平安朝の服装をした男性が、
文机を前に座っている
様子が見えます。

私は そちらへ行きたくて、
廊下を進み始めます。

すると、
渡り廊下の外から、
桜(?)の花びらが、うわぁーっと
音もなく、風もなく、
でも、それはそれは 見事な様子で
こちらへ降りそそいできたのです。

この世界、
すべてが、紫がかったピンクと
紫の色に染まっていて、

音もなく、風もなく、
木や草など自然が放つ匂いも、
空気感さえも、
存在していない感じなのです。

空間全てがピンクと紫の色の世界で、
音もなく降りそそぐ、
花吹雪の あまりの美しさに、
ただただ、私は目と心を奪われて
足を止めて見入っていました。

ここで、私は
ハッと目覚めたのですが
あまりにも美しい光景に
身を浸した陶酔感と
もっと見ていたかった、
というガッカリした気持ちに
しばらくボーっとしていました。

知人みんなで
集まっていたあるとき、
あまりにも綺麗だったその様子と、
目覚めたときに、
「もう、二度と
あの景色を見られないのか…」
とガッカリしたことなどを、話しました。

すると、沙羅さんが一言。

沙:「あんたなぁ、そのまま、
奥の部屋に行ってたら、死んでたでぇ。
でも 、大丈夫。
死んだら、またその景色、見られるでエエ顔ニヤリ」

私:「あ、ありがとうございますjumee☆faceA76絵文字名を入力してください
(また、あの景色を見られるなんて う・うれしいな…)」

後日、テレビを見ていた私の目に、
私の旅立つ場所、じゃなくて、
例のピンクと紫の世界が
飛び込んできました。

そこは、白のライトも
含まれていましたし、
光が少し強い感じでしたが、
「間違いなく、あの世界だっ」、
と私は興奮しました。
(むらむら)

「あの世界を表現した、
スタジオ作りになっているのではっ」

私は、その演出の真相を、
ものすごく確かめたかったのですが、
残念ながら美輪さんとも、
江原さんとも
知り合いではなかったので、
確認する すべは
ありませんでした…(チーンがっくり

月日は流れ、それから
3年ほどもたった頃でしょうか、
私は沙羅さんの口から、
「今だから言うけどなぁ」と、
沙羅さんと私が初めて
顔をあわせた時の話を聞きました。

当時、私の顔には
土色の影が出ていたそうです。
(もちろん、その影は
多くの人の目には
見えませんよ~)

私は、すぐに
ピンクと紫の夢のことを
思い出しました。
(ひとり、納得。。。)
あそこは、
この世と あの世の間にある世界
だったのかもしれない…。

私ってば、
お迎えが近かったんですねっ、
ちっとも知りませんでした~jumee☆loud laugh3
確かに、当時の私は
体も重篤だったのですが、
私は死ぬ気はまったく
ありませんでした(←図々しい)

沙羅さんは、そんな私を
「まだ、若いのに…。」
と、不憫に思い、
老い先(?)短い私に、
「Naちゃん、Naちゃんマスカラばっちり」と、
それはそれは優しぃく
声をかけてくれていたのでした。
(聞くも涙、話すも涙)

そして、ある出来事をきっかけに、
私の土色の影(死相)は
薄くなっていったらしいです。

そして、、、
振りかえって見れば、
「Naちゃんマスカラばっちり」モードも、
途絶えて久しいようなので、
しばらくお迎えは来ない、
みたいです、フッフッフッ。
めでたし、めでたし