お札・御守説明

【1】お札・御守の説明  【2】縁起物について 【3】魔除け札全3種

【1】 お札・御守の説明

※ 祈祷種類ごとのご案内

特別大護摩供祈祷(1万円)を受けられた方
護摩祈祷(5千円)を受けられた方
特別祈祷(3千円)を受けられた方
普通祈祷(1千円)を受けられた方
交通安全護摩祈祷(5千円)
交通安全護摩祈祷(2千円)

【2】縁起物について

普賢院のおはからいで、お受けになったご祈祷以外のお札・御守ほかも同封されました。※同封されたお札・御守等の内容は、その方により様々です。同封された内容に該当する説明をご確認ください。

●身代守り(小・白い紙に包まれた御守り)
midaiポーチ、お守り袋等に入れてお持ちください。ご家族で申込まれた際は、世帯主またはお申込みご本人様がお持ちください。

 

 

 

●開運厄除け守り(小・紙の御守り・朱字)
kaiunポーチ、お守り袋等に入れてお持ちください。

 

 

 

 

●吉祥絵絹
otodoke

高野山真言宗別格本山普賢院 平成26年午年の絵絹の画像

切り絵。表面の紙を外し 取り出して下さい。干支(H27は未)の絵絹が出てきます。
(注)薄い紙ですので取り出す際、飾る際は破れないように お気をつけください。

①絵絹は 色つき厚紙に貼る(上記画像参照)、額縁・クリアファイル等に入れる、またはそのままの状態でお貼り下さい(※絵絹に直接ピンを使用なさらないでください)
②貼り方  「東向き」か「西向き」にお貼りください
東向き(=西の方角にあたる位置に貼る) 南向き(=北の方角にあたる位置に貼る)
③居間の壁、寝室(就寝時、頭側になる壁)※絵絹に足が向かない位置の高い場所にお貼りください。
※ご家族様ほかの目に触れない所にてお持ちになりたい場合、ポスターを上から重ねてお貼りいただいても、絵絹を折り畳んだ状態でタンスの中などにお持ちいただいても結構です。

●陀羅尼助丸
darani 和漢胃腸薬。胃腸の調子を整えたい時に服用ください。(弘法大師が御苦心の遺法により 作られたと、今に伝えられます。)
大人(15才以上)1回20粒、食間または食後に服用。

 

 

 

●冨久豆
toku節分に際し ご祈願を受けた豆。固い豆ですので、気をつけてお召し上がりください。

 

 

 

 

●ストラップ、携帯クリーナー、シール、風呂敷ほか各種は、どうぞご自由にお使いください。

【3】魔除け札全3種

魔除けのお札ご案内

◎H24年は、普賢院のおはからいで、お申込み枚数より多く同封されている方もいらっしゃいます。御親戚、ご友人等にお分けいただきましても結構です。
◎御札や絵絹を 他の方の目に触れない所でお持ちになられても、おまつり・飾り方を確認、了解された上で、タンスの中などに丁寧にお持ちいただけましたら、大丈夫です。
◎お札や御守りが、災厄を身代りになって引受けて下さいます。 丁寧に扱っていても 急な破れ、多少の変色等が事もあるようですがご心配要りません。
※ご祈祷を受けられた方で、ご不明点おありの際はスタッフより口頭でのご案内も可能です。ご希望の際はお気軽にお申付けください。